ビィ デザイン株式会社

be Blog Vol.24【雪国マストアイテム】

be Blog Vol.24【雪国マストアイテム】

雪国の車での外出時の「鉄板グッズ」マストアイテムを知っていますか?

 

青森は雪深い地域なので、冬の時期は大変です。

東北は全般的に雪は東京などに比べれば嫌というほど積もります。

雪の時期の朝はたいていどこのご家庭も忙しいものです。


お母さんが朝ご飯を作り、家族は、家の中からリモコンで出勤前に車のエンジンスターターを付けておき、車の雪をおろして出勤の支度をします。お父さんやお兄さんは雪かきをします。

雪がすごい時には除雪車が夜中に3回位通ります。
雪かきを毎朝するのは、家から道路まで雪がが積もっていて出れないのです。

除雪車は市の予算で行っているので追加予算はとても高く億単位です。
これがないと生活ができないので切実なのです。


車自体もしっかり冷えてしまい、外に出てからエンジンをかけて暖めるのではなく、
家の中からリモコンで「エンジンヒーター」を付けておきます。
この仕様は雪国では普通です。

都会の子はエンジンヒーターのスタートボタンを付けることを知らないのですね。

雪のすごい時期には車の結露がすごくて、まさに窓をふきながら走ることもあります。


雪国の人はたいてい雪の中に車で突っ込んでいます。

怪我はしない程度なんですが雪で白くて視界が悪く、どこまでがなにか、、、というのがわかりにくいのでその辺にたいてい突っ込んでいるのです。


雪国の車のトランクには
【けん引ロープ】【板】【鉄のスコップ】【スノーブラシ】がマストアイテムです!!


車が溝などにはまってしまった時は、必ず前後の車から人が降りて来てくれ、助けてくれます。
上記アイテムを持っていないと怒られちゃいます。

【けん引ロープ】車で引っ張ってもらう
【板】雪にはまってしまったタイヤの下に滑り込ませて脱出する
【鉄のスコップ】鉄のスコップは道の穴をうめて通れるようにする
【スノーブラシ】車に積もった雪を効率的に落とすのに活躍

スノーブラシは、車等に積もった雪を落とすためのもので、棒の両端にブラシと板状のゴムがついています。車に積もった雪はブラシで払って、表面に凍りついた雪や霜はゴムで取ることができます。材質は、ブラシ・ゴムはともに車を傷つけないものです。

ちょっとお店に入り食事後に駐車場へ戻ると車は雪に埋まってます。
スノーブラシと鉄のスコップで道路まで出るのに雪落としが必要なのです。

人が歩く歩道は除雪は道路だけなのと、除雪車が雪をわきに押し上げて通るので、必然と道路の形が雪でU字型になります。歩道側を歩いていて転んだ時には、U字なのでつるっと車道に入ってしまうのでとても危険です。

雪国ならではの苦労はありますが、子供にとっては楽しいこともありました。


おこづかいで購入出来る程のプラスチックのミニスキーがあります。ランドセルの脇に差すと少し先っぽが出てしまう位のサイズ感です。

歩くより全然早いのでミニスキーで学校に通っていたことが雪の時期の魅力的な思い出です。

今年は大雪が降り都会は雪国仕様ではないので、大変だなと思います。

雪国出身者にはなんにも困ったことなどないのですが、、、この位では、、、(笑)

 


最新記事