ビィ デザイン株式会社

be Blog Vol.21【美容院にて】

be Blog Vol.21【美容院にて】

年末に美容院で髪をカットしてもらってきました。
いつもの美容師さんとのたわいなおしゃべりの中で、ほほぉ~と思ったことが今回ありました。

 

いつもいろんな話をします。今回面白いなと思ったのは、美容業界のことです。

仕事納めの日は何日ですか?なんて話をしてたら年末31日の夜に仕事が入っている!というのです。
え~、それは大変ですね!なんて言いながらもどんなお客さんなんだろうと思いました。

実は、12月に来るご新規さんを「渡り鳥」と隠語で呼ぶんです。

なぜ「渡り鳥」なのかと言えば、クーポンを使って安く済ませるような、価格のみを重視した、お店を渡り歩くからだそうです。

確かに大切なイベントの前に、例えばクリスマスやお正月などを前に、知らない人に自分の髪を思い通りに仕上げてもらうにはリスクが高いので、
普通は年末に新規来店はほぼないそうです。

前述の31日のお客様も渡り鳥の確率が高いみたいです。
また渡り鳥にはドタキャンも多いそうなので、要注意という意味合いもあるようです。

美容院のご新規が増えるのは4~6月。就職・就学・異動などで生活が変わる人が多いからです。

美容院といえば、カットモデルがありますね。
街中で声をかけられたことはありますか?

声はかけられても実際にカットモデルをしたことがある人は少ないような気がします。

美容院によりますが、基本はカットの日と撮影日は別の日程になっています。
メイクもきちんとしてくれるし、カットも無料で良いのですが、時間をとられるものです。

最近では、不況の影響からかカットモデルが無料でなくなっている美容院もあるそうなのでちょっと残念ですね。

消費税も上がりますしね。。。

カットや撮影に費やされる時間も考えるとお得感がぐっと減る気がします。

渡り鳥ではなく定住できる巣があれば、安心して大切な日にもお任せできるんでしょうね。


最新記事