ビィ デザイン株式会社

be Blog Vol.46【「うつわと夜の梅展示」と「紙わざ大賞展」】

be Blog Vol.46【「うつわと夜の梅展示」と「紙わざ大賞展」】

 

武蔵美の生徒とコラボで「うつわと夜の梅」器と菓子の展示です。

東京ミッドタウン内デザイン・ラウンジでの展示で無料でした。
一部販売もおこなってました。今年は4回目の開催です。

ぐぐってみると第1回では和菓子の木型展示をおこなっていたようですごく見たかったです。
上生菓子(ねりきり)などを木の型に入れてかたどるものです。合羽橋でも売っていたのを見かけたことがあります。
昔白あん1キロ買ってきて上生菓子を作ってみましたが、大量の白あんにあきてしまいました。
職人の繊細さがお菓子に出るので買うのがいいなと個人的には思います。

展示では、そのすばらしい職人技でこしらえた「和菓子」も美しいので、器とのコラボは素敵だなと思います。
お茶のお稽古でも季節にあった創作の生菓子を季節ごとの器に盛り付けて目でも楽しみます。

学生は和菓子の歴史や作り方、お菓子の名前やデザインにまつわる流れなどを学んだそうです。
見学や体験をおこない感じたものを制作しているそうです。

TORAYAはコラボをしたりヨガイベントをおこなっったり、老舗でありながら様々な挑戦をしているから生き残れるのだろうと感じました。

東京ミッドタウン・デザインハブ「紙わざ大賞展」では、茶器などやたんぽぽやティッシュの羊や動画などもあり、無料でも見応えがあるものです。
パンフレットやwebではスケール感がわかりにくく、実際のサイズはかなり大きいです。
ペンギンなどのオブジェは顎下あたりまでの高さです。

鰐がくっついた男性用の革靴はランウェイをモデルが闊歩しそうな靴でした。展示を巡るのも、やはり実際に実体験を積み重ねていくことがとても大切だなと感じました。

 

     


最新記事